ニューロマーケティングとは?「無意識」に働きかける100の心理技術

未分類

『ニューロマーケティング』とは、脳科学の知識をマーケティングに活用するという考え方です。

人の行動の95%は無意識のうちに決定されていると言われています。
この95%の無意識の力をマーケティングや広告・販売戦術に活用することはできないかと考えたニューロマーケティングの第一人者ロジャー・ドゥーリーが数々の研究結果をまとめた脳と心の科学本が
「脳科学マーケティング 100の心理技術」なのです。

http://directlink.jp/tracking/af/1521475/Lcij7go5/

👆「脳科学マーケティング 100の心理技術」こちらをクリック👆

顧客の購買欲求を生み出す脳と心の科学

お客さんの脳の5%に売り込むのはもうやめましょう!
他と比べて「安い」「品質が良い」など、人の意識・理性に向けてメッセージを発信するより、脳の活動の95%を占める潜在意識へアピールする方がいいと思いませんか?

フレーミング効果をうまく利用する

フレーミング効果とは、同じ意味を持つ情報でもどこを強調して表現するかによって印象が変わり、意思決定に影響があるという現象のことです。
特に数字はどう表記するかで印象が大きく変わってしまいます。

実数には無意識に人の脳を働かせるパワーがある ➡ ポジティブなことは実数をつかう
パーセンテージ表記には人に考えさせないパワーがある ➡ ネガティブなことはパーセンテージをつかう

価格が脳に与える影響

たとえば、高すぎる値段を見聞きしたときの脳の反応がつねられたときの反応=痛いと感じたときの反応と非常によく似ているというのです。

脳スキャンや脳波計によって脳の活動を測定することが簡単にできるようになったおかげで、多くの統計用サンプルデータが得られるようになり、より優れた商品の開発やより優れた広告を作るのに役立てられています。

男性脳、女性脳それぞれの攻略法

男性と女性は行動だけでなく、脳の使い方にも違いがあります。
同じ映画を見ていても、男女で脳の活性パターンが異なるという研究データがあり、これらの違いをマーケティングに役立てるというものです。

○男性にはしっかりと説明する
○女性には感情に訴えかける

顧客の脳を買う気にさせる

脳科学によれば、「人間は選択を行うと脳が疲労し、その後の意思決定が困難になる」といわれています。
つまり、選択肢が多すぎると迷って決められず、なかなか購入まで至らない!
実際に、選択肢の少ない方が、多い場合よりも10倍も売れたという実験結果があるそうです。

この原理は、商品が何であるかは関係なく、あらゆるビジネスに有効ですね。

まとめ

「賢いマーケティング」とは、あなたの脳を使うことだけではなく、あなたの顧客の脳を使うことでもあるのです。
すぐに使えて、面白いほど効果が出る100個の消費者脳科学テクニックを是非チェックしてください。
  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩

http://directlink.jp/tracking/af/1521475/Lcij7go5/

コメント

タイトルとURLをコピーしました