「売れる脳科学」”欲しい”を引き出す脳科学テクニックとは?

未分類

「脳科学」をビジネスの世界に応用できないか?と20年以上研究を重ね、神経科学・メディア心理学・行動経済学など最新の研究に基づき、人を動かす説得の図式「Neuro Map」™を構築したクリストフ・モリンとパトリック・ランヴォワゼの著書『売れる脳科学』
   ⇩   ⇩   ⇩

http://directlink.jp/tracking/af/1521475/ixoP3kWf/

売れる脳科学とは?

最新の「脳科学」をビジネスに応用し、どうすれば消費者心理の力をうまく利用して商品を売ることができるのかを検証しています。

Neuro Mapとは?

脳に響く説得モデルのこと。
「Neuro Map」™を使えば、脳に関する理解を深め、マーケティング、販売、コミュニケーション活動に応用できるようになるので、広告や販売メッセージの効果を高めることができます。

事実、この「Neuro Map」™は、日立やエプソンなど名だたる大企業がマーケティングに導入し、効果的なウェブサイトや広告を作ってきました。

「理性脳」と「爬虫類脳」

人間の脳には、2種類の脳があります。
一つは「理性脳」、もう一つは「爬虫類脳」です。
人間の意思決定は「爬虫類脳」と言われる部分によって支配されていると言われています。
○「爬虫類脳」が好むあるメッセージとは?
○逆に「爬虫類脳」が無視するメッセージとは?
を科学的な根拠をもとに「原始脳」が抗いきれない具体的なメッセージ・ノウハウを紹介。

欲しいを引き出す脳科学テクニック

・好印象を植え付ける「記憶のU字曲線」

・売上を1.3倍にした「おとり」プラン

・勝率5%…大企業相手に契約を勝ち取ったミニドラマ戦略

などの効果的なメッセージ戦略を公開しています。

まとめ

『売れる脳科学』では、20年以上の脳科学研究から顧客の行動、特に購買における意思決定をコントロールしている脳の働きと、その作用から考えられる効果的な説得のメッセージ・ノウハウを紹介しています。

脳科学は人の脳に関わる研究ですから、一度学べば、何度でも使うことができますし、投資対効果の大きい学問の1つだと言えます。
多くの人が学ばない分野なので、知るだけで頭一つ抜け出すのではないでしょうか?

👇『売れる脳科学』詳しくはこちらをチェック👇

http://directlink.jp/tracking/af/1521475/ixoP3kWf/


コメント

タイトルとURLをコピーしました